必見!中古着物を高く売るためのコツとは?

保存状態に気をつける

着物を売りに出す前に保存状態をチェックするのは、高く売るための基本です。
当たり前ですが、着用回数が少ない新品同然のきれいな着物の方が高額査定になりやすいです。どんなに良い着物であってもシミやシワ、虫食いやカビなどがある状態の悪い着物は査定が低くなります。
保存状態を良好に保つ為に重要なのは日頃のメンテナンスです。着用後の着物には汗が含まれているので、すぐに箪笥に収納せず、風通しの良い場所で半日ほど干してから収納します。また、しばらく着る機会のない着物はクリーニングに出してから収納します。
日頃のメンテナンスに気を使っても多少の劣化は避けられないので、着る機会のない着物は保存状態が悪くなる前に売りに出した方が良いでしょう。

証紙があるか必ず確認する

証紙とは着物の品質や産地、ブランドを証明するための用紙です。いわば貴金属の鑑定書のようなものです。
有名作家の着物、有名産地やブランドの着物には証紙が必ず付いています。証紙の有無で査定額は大きく変わるので、買取に出す前に証紙を探して、必ず着物と一緒に査定に出しましょう。大抵の場合、着物を包む時に使うたとう紙に入っています。また、購入時に付属してきた収納用の箱がきれいな状態で残っていれば買取額が高くなる可能性があります。
他に買取に出せる着物や和装小物があるなら、まとめて売りに出した方が高額査定がつきやすくなります。業者側は一箇所でまとめて買い取った方が経費を抑えられます。特に着物とコーディネートできる和装小物をセットにして売れば、業者の査定も上がりやすいです。